日本オラクルの新CEO就任式に行ってきました

日本オラクルの新CEO就任式に行ってきました。

新CEOは、Frank Obemeier(フランク・オーバーマイヤー)氏。
6月5日に執行役最高経営責任者(CEO)に就任が発表されました。前任者の杉原博茂氏は取締役会長に就任しました。
オーバーマイヤー氏は、ドイツのIT業界で25年以上の経験を有し、Oracleではドイツ法人で営業を統括してきたそうです。

式は杉原氏の挨拶から、オーバーマイヤー氏を紹介する形で始まりました。
紹介を受けたオーバーマイヤー氏は挨拶で、日本でクラウドを推進するということを表明し、今後の方針を語っていました。
それは、顧客との会話によって現在の課題を理解したうえで、顧客のニーズを理解し、顧客のために活かせるサービスを
提供することだということでした。

Oracleは今後ますますクラウドを重視し、データベースやERPをクラウド化し、IssSやPaaSを推進するための施策を打って
くると思いますが、オーバーマイヤー氏の話からも日本へのさらなるクラウド定着化に力を込めてくることと思います。

我々はOracleをはじめとするクラウドとどのように向き合っていくか考えさせられる式典でありました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です